トップページ > ジオメトリック、アニマル柄…今年の秋は派手柄がトレンド!

今年の秋ファッションは派手柄がトレンド!

ビジュアル効果の高いジオメトリック柄や、アートからインスピレーションを得たようなプリント柄まで!

今年の秋のレディースファッションでは、パッと人目を引くようなく派手柄がとトレンドになっています。

LOEWE ロエベのジオメトリック柄 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトンのアニマル柄

例えば、ロエベ(LOEWE)が、パリ・コレクションで披露してたのは、写真左のようなジオメトリック柄。

レトロカラーをベースに、幾何学模様を重ねて繰り返し、インパクトのある派手柄になってますよね。

一方、写真に右は、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が、同じくパリのコレクションで披露したアニマル柄のコートです。

こんな風に、今季は、ジオメトリックで、グラフィカルな色使いのプリント柄のほかに、豹柄、パイソン、クロコダイルといったアニマル柄が花盛り。

まるで、コラージュのアート作品になっているようなワンピースまでありました。

このところのトレンドなのか、年々、柄のサイズが大きく、インパクトが強めで、大胆な柄が多くなって来ています。

バリエーションも豊かで、例えば、モトクロスのゴールフラッグなどのスポーツグラフィクを取り入れたものから、アーティスティック感性で「これは何だ」と決められないような抽象柄まで…。

実に様々なテイストの柄アイテムが登場して来ています。

柄と柄をミックスさせるようなコーデは、以前からもありましたが、今季は、インパクトのある柄と柄をぶつけ合って、モチーフクラッシュさせたようなコーデも見られたりします。

柄に柄を合わせるコーデは、チグハグになりがちで、私もまだ、あんまりチャレンジしてないんですが、やるなら同系色の柄を選んで合わせるようにしてやると、比較的決まりやすいような気がします。